潤生園 RECRUIT 2021

CAREER

潤生園にはさまざまな職種の人が働いています。
それぞれの仕事内容を、職種別にご紹介します。

介護職員

高齢になった方の生活援助や、日常生活(食事、入浴、排泄、移動など)のサポートを行います。
介護以外の分野から介護職に進んだ方も多数働いています。
潤生園では、働きながら「介護職員初任者研修」を受け、修了資格を取得することが可能。
福祉系の学科を卒業していない方も、専門知識を学んだ上で働くことができます。 (資格取得後は、給与に資格手当が加算されます)

相談員(社会福祉士)

介護を受ける本人や家族と、介護事業者の間に立ち、一人ひとりにあわせたケアプラン(介護サービスの利用計画書)の作成を行います。サービスが適切に提供されているかなども定期的に見守る、いわば介護のコーディネーター。

機能訓練指導員

利用者一人ひとりの心身の状態に合わせて機能訓練を行い、できる限り自分で身の回りのことができるように支援していく役割を担っています。

理学療法士

怪我や病気などにより運動機能に障害を持った利用者さんのリハビリテーションを行います。

作業療法士

心理的リハビリテーションや、入浴・食事・読書・掃除などの応用動作のリハビリテーションを行います。
また、レクリエーションや創作活動も取り入れ、心身ともにケアをすることで社会生活への復帰の手助けをします。

言語聴覚士

言葉を介したコミニュケーションに障害を持つ方に対して、その機能回復訓練や指導、  リハビリテーションを行います。
嚥下障害や口腔機能など「食べる」ことに関しての機能回復を目指すことも重要な業務です。

医師

診療所の管理医師が非常勤で勤務しています。

看護師

医療の専門的な知識、技術に基づいて患者さんのケアや診療の介助をします。

介護支援専門員

数ある介護サービスの中から、利用者に合う介護サービスを選択して、利用者や家族への提案・実行していく『ケアマネジャー』になるために必要な資格です。

管理栄養士・栄養士

ご利用者への食事提供と栄養ケア・マネジメントを行います。
管理栄養士については、ご利用者の健康管理を担う栄養ケア専門職としての役割があります。

放課後児童支援員

放課後における子どもの健全育成上必要な活動を行います。
遊びを通しての自主性、社会性、創造性を培い、 子どもが宿題・自習等の学習活動を自主的に行える環境を整え、 必要な援助を行います。また、基本的生活習慣についての援助、 自立に向けた手助けを行うとともに、その力を身につけさせることも大きな役割です。

多様なキャリアプラン

一人ひとりのライフステージに合わせてキャリアプランに、そして働き方に多様な選択肢がある。
これが潤生園の魅力です。

働く場所

●自宅で働く方の支援をする施設
 ・デイサービス
 ・ショートステイ
 ・小規模多機能型居宅介護

●ご自宅に訪問するサービス
 ・訪問看護
 ・訪問介護

●施設で暮らす方のための施設
 ・特別養護老人ホーム
 ・グループホーム
 ・サービス付き高齢者住宅

●介護の相談に乗る機関
 ・居宅介護支援事業所
 ・地域包括支援センター

CASE1:介護士 ⇒ 介護リーダー ⇒ 施設長

介護スタッフとして現場での仕事を数年経験すると、介護リーダー(介護主任)へのステップアップが可能になります。
介護リーダーは現場のチームをまとめ役。利用者に対するサービス提供だけでなく、チームのスタッフ管理や、施設長などのマネジャーと協業しながら、より良い施設運営を考えていく仕事です。
施設長は、利用者の確保やスタッフ全体のマネジメント、売上管理や予算策定などの施設運営を担います。
施設長を経て、エリアの運営を担うマネジャー職や管理部門などにキャリアアップしていきます。

CASE2:介護士 ⇒ 介護リーダー ⇒ 介護専門職

現場で活躍する介護のプロフェッショナルに進むキャリアもあります。
支援を必要としている人々と深く関わり、経験を積んだことで後進の育成につなげていきます。

CASE3:介護士 ⇒ 介護リーダー ⇒ 相談職(ケアマネジャー)

介護の現場経験を積んだのち、相談職に進むキャリアもあります。
介護や支援を必要とする人やその家族と相談しながら、利用者が適切な介護サービスを受けるための計画を立て、調整する役割を担う相談職(ケアマネジャー)。ご利用者はもちろん、介護スタッフとの連絡・調整を行うため、総合的な知識を必要とする仕事です。
ケアマネジャーになるには、「介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネジャー試験)」に合格する必要があります。
さらに上級資格として「主任ケアマネジャー(主任介護支援専門員)」へのキャリアもあります。

CASE4: 介護士 ⇒ 介護リーダー ⇒ 教育担当職

現場での経験を積んだ後、人材育成を担当する、教育担当職に進むキャリアもあります。
小田原福祉会には、学校(養成機関)と人財開発部(人財育成センター)という教育に特化した部門があり、大学など各種教育機関(海外を含む)への講演、出張授業なども行なっています。